忍者ブログ
オリジナル小説をぽつぽと書いてゆきます
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 それはまだ、麟が水沢 勇樹=神崎 悠宇だと分かってすぐの頃だった。


 夕飯の支度でキッチンに立っている悠宇から、音符マークとハートマークが飛んできた・・・様に見えた。
 「・・・」
 真冬だというのに、麟の背中には一筋の汗が流れた・・・様な気がした。
 「あのー、水沢さん?」
 「ん?」
 手元から視線を上げたその表情は、いつもと変わらない。
 その、変わらないのが逆に恐ろしかった。
 「機嫌、いいっスね?」
 「え?」
 ことりと、左に首を傾げる。
 男物のトレーナーに、少し細身のデニム。
 ナリは男なのに髪の毛を下ろして小首を傾げられると、ミョーにアンバランスだった。
 ・・・をいをい、勘弁してくれ。
 思わず溜め息をついていると、一瞬考えた様な表情を作った悠宇が、口を開いた。
 「生パスタ、買ったんだ」
 「はい?」
 なんとなく、語尾にハートマークが付いている様な気が。
 「乾麺も悪くないけど」
 「はあ」
 つまり、生パスタを買ってうれしくて、気分よく料理をしている、と?
 なんだかなー。
 脱力せざるを得なかった。

 そしてその日の夕飯は、ボロネーゼとカジキのチーズ焼きとサラダだった。

 次の日。
 その日もやはり、昨日よりは多くないとは言え、音符マークとハートマークがキッチンから飛んできた・・・様な気がした。
 「あのー、水沢さん?」
 「ん?」
 昨日と同じ様に顔を上げる。
 「今日はまた、一体・・・」
 「昨日、バリラのラザニアシートを買ったから」
 「はあ」
 返事をして、ふと思い出す。
 「そー言えば昨日、買い物長かったよなぁ」
 「うん。紀伊国屋まで行ったから」
 をい。
 たかだか夕飯の買い物に、どこまで行ってんだコイツは?
 「あ?もしかしなくても、水沢って料理好き?」
 「え?」
 「違うわけ?」
 「好きっていうよりは、楽しいだけ」
 う?
 「お菓子の方がもっと楽しいけど」
 「へ?」
 「えっと・・・理科の実験みたいなんだよね、気分が」
 をいをい。
 「お菓子の場合、グラム数間違えると膨らまなかったりとか、固まらなかったりとかするの、面白くない?」
 「お菓子は焼いたことない」
 「んー。料理だと、この材料とこの材料でこの味になるんだって、楽しくない?」
 「楽しい、か?」
 「あ、そうなんだなって、楽しくない?」
 「・・・つまらなくはない気がするけど」
 「うーん?」
 そう言うと、悠宇は首をひねった。
 けれど、悠宇は瞬時に立ち直った。
 「ちなみに今夜は、ラザニア」
 「はあ」
 なにか違っている様な気はしたが、麟は言葉にならなかった。

 そして宣言通りに、夕飯のメニューはラザニアにホットサラダ、カルパッチョ、かぼちゃのポタージュだった。
 「グリッシーニもあるけど」
 「とりあえず、いい」
 それツマミだから・・・と心の中でだけ突っ込んだ。
 正直、悠宇が作るご飯はそこそこおいしい。
 昨日のボロネーゼも、不味くはなかった。
 「・・・」
 手元のラザニアを凝視する。
 「水沢・・・」
 「はい?」
 「ミートソース、使いまわしじゃん」
 「ごめん」
 そう言うわりには、全く表情が変わらない・・・おそらく、確信犯だ。
 「チーズ、忘れてて」
 「まあ、不味くないからいーんだけどさ」
 猿も木から落ちる、ですか?
 「ってゆーかさ」
 「はい?」
 「パスタ得意?」
 「?」
 必殺技の小首を傾げるポーズ。
 「バリエーション、多くない?」
 「んー。得意って言うか」
 言うか?
 「バリエーションが多いから、作ってるんだけど」
 ほんの少し、上目使い。
 「もしかして、イヤだった?」
 「いや。パスタ率多い様な気がしただけ」
 「ならよかった」
 よかったじゃなくて、そーゆーもんか?
 それは得意と言うんじゃないのか?
 「疾風はあっさり系の方が好きみたいだから、こってりは避けるから・・・」
 「!」
 それはありがたい申し出だが『避けるから・・・』の後には何が続くんだよ、をい。
 「そーしてください」
 「うん」
 「とりあえず、明日はパスタ以外で」
 「うん」

 それから数日後、風の噂に乗って「神崎さんの得意料理はパスタ」という話が流れてきた。
 本人が「得意、かも?」と言ったらしい。
 それは、俺のせい・・・なのか?





あとがき

 うーあー、なんだかよく分からないぞっ!
 書いてるうちにオチが分からなくなってきたのですヽ(@◇@)ノ

 一応設定で、悠宇の趣味は料理というのがあって、得意なのはパスタって事になってます。
 いつ披露するのかな?って思っていて、書いてみたけど失敗した(≡д≡) ガーン
 批判受け付けますぅ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
こんにちは
早いものでもう11月ですね。
めっきり朝晩冷え込むようになり、いかがお過ごしですか?

こういう、何気ない日常が好きです。
パスタは私もリクエストされることが多く、結構作っています。普段手抜きなので、休みの日ぐらいは手料理を出したいですものね。
どちらかというと、和風が好きかなぁ…。
紅梅 2010/11/01(Mon)16:02:26 編集
Re:こんにちは
紅梅様

いつもいつも、本当にコメントありがとうございます。
紅梅さんは、お体のお加減はいかがですか?
季節の変わり目は、やはりダメですねぇ・・・(汗

>こういう、何気ない日常が好きです。
あ、そうですか?お楽しみいただけたのなら、幸いです。

私はあまりパスタ作りません(汗)どちらかというと、野菜料理ばっかり。それも大雑把で豪快なヤツばかり。
なので、変わりに悠宇に頑張ってもらいました(笑
【2010/11/02 13:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
プロフィール
HN:
貴志みつる
性別:
非公開
最古記事
フリーエリア
ブログ内検索
最新CM
[03/19 紅梅]
[02/07 紅梅]
[11/01 紅梅]
[09/07 紅梅]
[06/03 紅梅]
最新TB
アクセス解析
バーコード

Copyright © 貴志みつるの創作部屋 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]